憧れの公認会計士になる為に

公認会計士協会に登録されるまで

公認会計士というのは、「国家資格」を所持している人のみが就くことの可能な職業となります。そもそもこの「国家資格」というのは国の法律に基づき、試験合格者に対して与えられる資格となっており、この資格を持っていない人が商売として仕事をしてしまうと、法律違反になってしまいます。

 

公認会計士以外の国家資格も複数あり、例えば「医師」や「弁護士」、「美容師」などといった職業も国家資格の分類に入ります。

 

このような国家資格を取得することによって、専門性の高い知識や技術をすでに身に付けていることを証明することができ、必然的に社会的な信用にも繋がってくるのです。

 

また公認会計士の国家資格を取得するためには、全部で3つのステップを通過する必要があります。まず第一段階としまして、毎年行われている公認会計士の筆記試験をパスすることです。

 

この試験の内容についてですが、「短答式」と呼ばれるマークシート形式のもの、そして「論文式」と呼ばれる記述形式のものの2種類があり、最初の「短答式」試験に合格することが出来た人のみが、後日「論文式」の試験を受験することが可能になります。

 

最初の筆記試験で問われることになるのが、会計に関するさまざまな分野における知識となります。受験者が必ず受験しなければいけない科目として「会計学」「監査論」「企業法」「租税法」の4科目が挙げられ、そしてこの他にも「経営学」「経済学」「民放」「統計学」の中から1科目を選択して受験をすることとなります。

 

■2年以上現場での業務補助経験

 

公認会計士の受験資格には年齢や学歴などといったものは一切関係なく、誰でも受験することが出来ます。
ただし注意をしなければいけないこととしまして、この筆記試験というのは、非常に難関な試験であり、合格者については毎年10%以下といった非常に厳しい数字になっているのです。このことからきちんと試験対策をして受験に挑むことが必要なのです。

 

筆記試験をパスすることが出来たら、第二段階としまして、2年以上現場での業務補助経験を積むこととなります。

 

実際に監査法人や会計を専門的に行う企業に就職をして、実際の仕事を行い公認会計士としての実践的な知識や技術などを身に付けていきます。

 

この補助業務が終わることで、いよいよ最終段階に入ります。

 

日本公認会計士協会が実施している修了考査を受ける資格を得ることができ、この修了考査に合格をすることによって、やっと公認会計士の資格取得者として認められるのです。