憧れの公認会計士になる為に

数字との戦いとなる公認会計士

公認会計士の仕事というのは、とにかく毎日が数字との戦いとなります。企業にて監査業務を行う際には、企業から提出しててきた膨大な量の財務書類を確認しながら、その数字に間違いが無いか、きちんと正確なものなのかどうかを徹底的にチェックをする必要があります。

 

決算期のような忙しくなる時期になりますと、一日中朝から晩までひたすら数字ばかり見ながら業務を遂行していくこととなります。

 

計算をすることが大好き、子どもの頃から計算に興味があってそろばん教室に通っていた、電卓をたたくのが楽しくて仕方がない、という人にとりましては、うってつけの仕事かもしれませんね。

 

そんな公認会計士における代表的な仕事として挙げられるのが、企業の経営状態をチェックすることとなる「監査」のお仕事です。

 

この監査というのは、企業を直接訪問することによって作業を行うこととなるために、さまざまな企業のオフィスの雰囲気、また事業内容を近くで見ることが出来るのです。

 

また数多くの監査をすることによって、企業の財務状況を把握することにより、その企業の現在が赤字なのか、それとも黒字になっているのか、今年はどのような経営をしてきたのかなど様々見抜くことができます。

 

■強い正義感を持つ必要のある公認会計士

 

経済や経営に関心のある人にとりましては、日本の経済社会における現在を肌で感じる経験をすることが出来ますので、非常に大きなやりがいを得ることが出来るハズです。

 

そして公認会計士の代表的な仕事の一つである監査というのは、企業が作成をした財務書類に誤りがないかどうかを隅々まで見極める仕事となります。

 

場合によりましては、企業に対して厳しい態度によって間違いを正さないといけないケースも出てくるかもしれません。公認会計士においては「企業も大変な経営状況だから、ちょっとくらいは見逃してあげよう」「面倒くさいからこのままでいいか」「黙っておけば誰にもわからないだろう」などといった考えを持つことは絶対に厳禁なのです。

 

公認会計士がきちんと監査を行っていたのにも関わらず、後になってから企業の決算が間違っていたことが万が一発覚してしまった場合には、企業の信頼を大きく損なってしまうのはもちろんのことですが、社会全体における公認会計士の存在意義自体が問われてしまうことになるのです。

 

相手の間違いに目をそむけることなく、毅然とした態度によって指摘することのできるような、強い正義感を持っている人こそが、この職業には求められているのです。