憧れの公認会計士になる為に

公認会計士試験の受験資格

公認会計士になるための受験資格には学歴は一切関係ありません。もともと実力があって試験に合格することが出来れば、学歴が中卒だったとしても高卒でも関係無く、この公認会計士という仕事に就くことが出来るのです。

 

しかし、実際のところは公認会計士の試験合格者の多くが、大学にて勉強をしていたり、また過去に大学に行ったことがあるという人だといったデータがあります。

 

少し前の平成24年度の公認会計士試験の合格者を確認してみますと、合格者のおよそ92%が大学、及び大学院の在校生か卒業生だといったデータが出てきます。

 

また合格者の出身大学につきましても、多くの人が誰もが名前を聞いたことがあるような東京大学や早稲田大学、京都大学などといった有名大学が多くなっているのが現実です。

 

最近における公認会計士の合格者の出身大学を確認してみますと、慶應義塾大学・早稲田大学などといったような難関私立大学や、他にも東京大学や京都大学などといったような難関国立大学の名前を数多く見ることが出来ます。

 

どうして合格者というのは、俗に言われているような「高学歴」の人たちが多くなっているのでしょうか?そのひとつの考え方としまして、公認会計士になるために「学歴というのは必要ない」かもしれないのですが、それでも「学力は必要」というのが実情だと言うことが言えるのです。

 

■中卒だったとしても公認会計士で活躍

 

そもそも公認会計士における筆記試験というのは非常に難関試験となります。
暗記をしなければいけない知識が山ほど存在していますし、論文形式の問題におきましては、論理的な説明をすることが出来るかどうかはもちろんのこと、文章能力があるかどうかも問われることになります。

 

このような試験の特徴から、自然と難関大学を突破することが出来たような学力を持っている人たちが多く受験合格を目指しており、得意の暗記力や論理的思考力などを駆使することによって合格を勝ち取っていくことになっているのです。

 

それでももちろん、中卒や高卒の学歴でも公認会計士の試験を受けることは全く問題ありませんし、実際に合格をすることによって公認会計士になって広く活躍している人も多くいます。

 

ただし、受験をする時には、難関大学の在校生や卒業生と一緒になって試験を受けて合格を争わなければいけないということを意識したうえで、それ相当の受験対策をしなければいけません。それでも諦めなければ誰でも公認会計士になることは出来ます。