憧れの公認会計士になる為に

男女差別の無い公認会計士の年収

公認会計士の仕事における魅力はいくつか挙げることが出来ますが、その一つとしまして監査業務を通して得ることの出来る貴重な経験が挙げられます。

 

そもそも監査というのは、企業を直接訪問することによって行うことになるために、さまざまな企業におけるオフィスの雰囲気や事業内容を間近で見ることが出来るのです。

 

また監査を通して企業の財務状況などを徹底的に把握することによって、その企業が赤字経営なのか、それとも黒字経営なのか、今年どのような経営をしてきたのかなどを見抜くことが出来るのです。

 

日本における経済社会の「今」を肌で直接感じることの出来る魅力的とも言える仕事であり、中でも特に経済や経営に興味を持っている人にとりましては、非常に貴重な経験の連続となること間違いありません。

 

また公認会計士の魅力のひとつとしまして、その収入の高さを忘れてはいけません。公認会計士というのは、国家試験の中でもいわゆる難関資格の一つであり、会計に関しての専門性が非常に高い知識や技術を求められる職業なのです。

 

このことから、公認会計士が手にすることの出来る報酬というのは高く設定されており、一般的なサラリーマンと比較をして安定した生活を送ることが出来るでしょう。

 

■様々な公認会計士の特徴と魅力

 

決算期など企業が忙しい時期になることで、毎日が残業ということもよくあることですが、もちろん働いた分だけ高い報酬を得ることが可能ですので、働くことのモチベーションを保ちやすい環境で働いているということが言えます。

 

そして公認会計士における意外な魅力としましては、女性が働きやすいということも挙げることができます。

 

そもそも公認会計士というのは資格を持っている人しか行うことの出来ない仕事であり、資格さえ取得してしまえば、収入や仕事内容におきまして男女差別されることはありえないことなのです。

 

また、一般的な仕事と比べて専門性の高い仕事となっていますので、結婚や出産などでブランクが出来てしまっても、再度職場復帰しやすい環境と言えます。

 

このようなことから、長く働くことの出来る仕事に就きたいと願っている女性が公認会計士を目指しているケースも多くなっているようです。

 

他にも「家事や育児と仕事を両立させることの出来る環境が欲しい!」と考えている場合、独立することによって自宅兼事務所を開くことも可能となりますので、女性にとりましては人生の選択肢を増やすことの出来る資格の一つと言えるのです。