憧れの公認会計士になる為に

年齢は関係無い公認会計士

公認会計士の資格試験については、受験条件というものが定められていません。そのことから、受験者の年齢というのは実にさまざまとなっています。実際に平成24年度の受験者を確認してみますと、最低年齢が18歳、そして最高年齢は59歳となっているのです。

 

確かに受験者の年齢がさまざまとは言いましても、やはり試験を受けている人たちのほとんどは20代から30代の若者となっています。実際のところ、平成24年度の合格者については20代が77.1%、そして30代が20.4%を占めていたのです。

 

また大学生や大学院生が公認会計士として仕事をするために受験をするケースや、若手の社会人がキャリアアップの転職を目指して受験するケースが多くなっているようです。

 

若い世代の受験が中心になっている理由としましては、公認会計士の資格を取得するために長い期間が必要となってくることが挙げられます。

 

そもそも公認会計士というのは、筆記試験に合格をすることが出来たからと言って、すぐに公認会計士としての資格を取得することができるというわけではありません。

 

難関と言われている「筆記試験」に見事合格をすることが出来たら、次は監査法人や会計を専門にしている企業において2年間以上の「業務補助経験」を積む必要があるのです。

 

さらにその後、一年に一度実施されている「修了考査」と呼ばれている筆記試験を突破することが出来た人のみが、ようやく公認会計士として登録されることになるのです。

 

■年齢が若い方が公認会計士は有利?

 

これら全てのステップをクリアするために必要な期間は3年?5年となっていますので、少しでも年齢が若い時に最初の筆記試験を突破しておきたいと考えてチャレンジをする人が多い傾向にあるのです。

 

また、公認会計士を採用することとなる企業や監査法人としましても、出来る限り年齢の若い人を採用したいと考える傾向にあります。
これは同じ試験の合格者として考えれば、40歳になって合格した人よりも大学在学中において20歳で合格した人の方が、必然的に将来性があると考えられているからです。

 

このような事情もあってか、若い年齢のうちに資格取得を目指した方が、絶対的に有利だと考えている人というのは非常にたくさんいるのです。

 

ただし、長く会計業務に携わってきていた、経営戦略の仕事を長くやっていた、といったような経験を持っている社会人の場合におきましては、その経験を活かした公認会計士として活躍することの出来る可能性も十分にあります。