憧れの公認会計士になる為に

公認会計士になるには資格が必要

まず覚えておきたいこととしまして、公認会計士の資格を取得するためには、必ず3つのステップをパスしなければいけません。

 

まず最初のステップとしまして、毎年実施されている筆記試験で合格をすることです。
「短答式」と呼ばれているマークシート形式の試験、そして「論文式」と呼ばれている記述式の試験の2つがあり、最初の短答式に合格した人のみ、のちに行われる論文式を受験することが出来ます。

 

この筆記試験を突破することが出来たら、次は現場にて実践的な補助業務を行う必要があり、この実践経験を積まなければ試験で合格しても次のステップに進むことは出来ません。

 

具体的には監査法人や会計を専門にしている会社に就職をして、最低2年以上働くことが必要となります。

 

そして、この補助業務を終了した人が最後に受けることとなるのが、修了考査と呼ばれている筆記試験となります。この考査に合格をすることによって、ようやく公認会計士としての資格を取得することができ、実際に登録することが出来るようになります。

 

この修了考査というのは、一年に一度、2日間に渡って行われており、東京、大阪、愛知、福岡といった大都市に試験会場が設置されることになります。

 

■最終段階で落ちてしまうことも

 

ちなみに最近における平成24年度の修了考査におきましては、会計に関する理論及び実務、監査に関する理論、そして実務、税に関する理論及び実務、さらに経営に関する理論及びコンピューターに関する理論を含む実務、公認会計士の業務に関する法規や職業倫理、といった全部で5科目の筆記試験が実施されています。

 

これは公認会計士の資格に合格をするための最終試験ということもあってか、試験の内容は非常に包括的なものになっているのです。

 

長い長い道のりを経て、やっとここまでたどり着くことの出来た人に対する最終試験となりますので、「今さら不合格になることは無いだろう」と考えてしまう人も中にはいらっしゃるかもしれませんが、実際のところは違うのです。

 

日本公認会計士協会から発表されている平成23年の合格率を確認してみますと、受験者数3,468名に対しまして合格者数は2,378名なのです。合格率にすると68.6%となります。

 

この最終段階にまで来たとしても、まだ試験で落とされてしまうという可能性を考えますと、公認会計士の資格試験がどれだけ狭き門なのかといったことが理解出来るでしょう。