憧れの公認会計士になる為に

公認会計士になるには

公認会計士と呼ばれている職業として仕事をする場合には、まず最初に公認会計士試験に合格をして、国家資格を取得するのが大前提となります。

 

受験資格についてですが、特に年齢や学歴などといったものは一切関係なく、誰でも受験をすることが可能となっていますが、非常に難易度が高くなっており、司法試験に次いで困難な試験と位置付けられています。

 

そんな公認会計士として仕事をするためには、大きく分けますと3つの関門をクリアすることが必須条件となります。

 

まず第一段階としまして、毎年実施されている公認会計士の筆記試験に合格することとなります。試験の内容についてですが「短答式」と呼ばれているマークシート形式のもの、そして「論文式」と呼ばれている記述形式のものの2種類があります。

 

「短答式」試験に合格することが出来た人のみ、後日「論文式」の試験を受験することが出来るのです。この筆記試験で問われることになるのは、会計に関係するさまざまな分野の知識となります。

 

必ず受験する必要のあるのが「会計学」「監査論」「企業法」「租税法」といった4科目であり、この他にも「経営学」「経済学」「民放」「統計学」の中から1科目を選んで受験します。

 

しかしこの筆記試験というのは、合格者については毎年10%以下といった非常に厳しい数字となっていることから、きちんと事前に対策をして受験することが必要なのです。

 

■公認会計士を目指すには最低5年

 

筆記試験で合格をすることが出来たら、次は第二段階としまして、現場において業務補助経験が必要となってきます。これは監査法人や会計を専門的に業務としている企業に就職をして、実際の仕事を行うことによって公認会計士としての実践的な知識や技術を身につけていきます。

 

この現場経験の期間については、2年間以上と規定によって定められています。
補助業務を終了することで、いよいよ最終段階に入ります。ここでは日本公認会計士協会が行っている修了考査(筆記試験)を受けます。

 

修了考査に合格をすることによって、ようやく公認会計士として名簿に登録することができるようになります。

 

一般的に、受験者が筆記試験まで合格するまでに必要となる勉強時間というのは平均して2?3年ほどとも言われているくらいですから、公認会計士を目指してから実際に資格を取得して登録することが出来るまでは、5年ほどの年数が必要になるワケです。

 

このように公認会計士を目指しているのでしたら、長期的なスパンにおいて計画をすることが重要なのです。