憧れの公認会計士になる為に

公認会計士として企業をサポート

公認会計士というのは、言うならば「会計のプロフェッショナル」となります。会計に関係する様々な専門知識を活かすことの出来る活躍の場というのは、大きく分けますと3つ挙げることが出来ます。

 

まず一つ目は、監査法人です。大企業が法律を遵守して経営をしているかどうかというのをチェックするといったことで「監査」を専門に行っている特殊法人となります。

 

日本国内で監査を行うことが可能なのは公認会計士の資格を持っている人間だけに限られており、監査というのは公認会計士の仕事における基本中の基本だと言えます。

 

このことから公認会計士の試験に見事合格することの出来た人たちの多くは、一度は監査法人に在籍をすることによって監査の経験を積んでいくこととなります。そんな監査法人にも大小さまざまな規模が存在しており、東京や大阪はもちろん、地方都市までの至るところに活躍をする場があります。

 

そして二つ目の活躍の場としましては、一般企業やベンチャー企業となります。公認会計士の資格を持っているその専門知識を活かすことによって、経営戦略やコストの削減、合併(M&A)についての提案をすることとなる「コンサルティング」の業務を行うことによって企業をサポートしていきます。

 

さらに経理部や財務部に所属をして、予算の編成や調整などといったことを専門に行っていく場合もあります。このような仕事におきましては、企業の経営戦略によって直接関わることが出来るのが大きな特徴でとなります。

 

■個人の会計事務所を開設

 

最後に三つ目の活躍の場についてですが、個人の会計事務所となります。財務書類を作成したり、また税務やコンサルティングなどに関する業務を行ったりすることによって、取引先企業の全力でサポートしていきます。

 

ただし、公認会計士の試験を受けて、資格を取得したとしても、いきなり独立開業するといった人はほとんどいらっしゃいません。

 

監査法人において監査の経験を積んだり、また一般企業に就職をしてコンサルティングや税務に関する経験をしっかりと積んだりしてから、独立をして事務所を開くというのが一般的な道となっています。

 

個人の事務所におきましては、さまざまな業務を全て引き受けないといけませんので、一通りの公認会計士におけるスキルをしっかりと身につけていることが必要とされます。

 

このように少しづつ段階を踏んで徐々にステップアップしていくのが公認会計士なのです。