憧れの公認会計士になる為に

主業務となる公認会計士の監査

ただ単に公認会計士と言いましても、さまざまな業務をすることとなりますが、最も代表的な業務とされているのが「監査」となります。

 

この監査というのは、企業の収入や支出を記録している財務書類を徹底的に調べ上げて、その内容に誤りが無いかどうかを確認することとなる仕事です。

 

このように独立をしている第三者の立場から企業の経営状態などを徹底的にチェックすることによって、企業が決算書に対して嘘偽りの数字を記入する「粉飾決算(ふんしょくけっさん)」をしてしまうことを防ぐことが出来ます。

 

実はこのような仕事というのは、日本の経済社会におきまして非常に重要な意味をもっているのです。もしも日本を代表しているような大企業が粉飾決算を行ってしまっていた場合には、株主というのはウソの決算書を信じてしまい、その企業に投資を行ってしまうことになってしまうのです。

 

このようなことは株主や関連企業にとりましての大きな損失に繋がってしまうことになり、たくさんの人の経済活動に対して大きな混乱を引き起こしてしまうことになります。

 

監査の業務というのは、一般人が日常的に確認することの出来る仕事ではありませんので、世間一般的にはまだまだ「公認会計士がいったい何の仕事をしているのかイメージをすることが出来ない」という人も数多くいらっしゃるようです。

 

■「コンサルティング」業務

 

しかし、公認会計士という第三者の目によって企業の経営状態をチェックしてくれているお陰で、わたしたちは企業の業績を信用して株を購入したり、商品を買ったりすることが出来ているワケです。

 

また公認会計士は、監査だけではなく、企業が発展をするために欠かすことの出来ない「コンサルティング」業務も行っています。

 

いわゆる会計におけるプロフェッショナルとして企業の経営戦略に対してきちんとアドバイスを行ってあげることで、売上をアップさせることに繋がったり、会社の規模を大きくさせたりすることが出来るのです。

 

このような仕事も日本の経済社会を発展させていくためには絶対に欠かすことの出来ない仕事の一つとなっており、最近におきましてはコンサルティング業界における公認会計士の役割というのは、ますます大きくなってきているのです。

 

公認会計士というのは、言うならば、日本の経済社会を支えている「縁の下の力持ち」と言っても決して過言では無いのです。公認会計士に感謝ですね。