憧れの公認会計士になる為に

女性が活躍出来る公認会計士

公認会計士というのは、女性が活躍することの出来る職業だとも言われています。そもそも公認会計士というのは、資格を要している人のみしか行うことの出来ない仕事でもあり、資格さえ取得してしまえば、待遇や仕事内容におきまして男女が差別されることはありえないことなのです。

 

資格を取得して大手監査法人に就職をしますと、入社したばかりの新人でも500?600万程度の年収を得ることができ、その結果安定した生活を送っていくことが出来るでしょう。

 

また、一般企業や公務員でしたら、一度退職をしてしまいますと、復職するのは非常に大変な傾向にありますが、資格を取得している職業というのは専門性が高くなっていますので、結婚や出産などで一度退職をしたとしても、比較的再就職がしやすいと言われているのです。

 

そして正社員以外だったとしても、他にもパートやアルバイトといった立場で働く道もあります。特に決算期といったような繁忙期にはどこの企業も監査法人も人手が足りなくなってしまいますので、公認会計士の資格保持者に対してパートやアルバイトの募集が一気に増える時期となります。

 

このようなことから、結婚や出産をしたとしても長く働いていける職業に就きたいと願っている女性が公認会計士を目指しているケースも多くなっているようです。

 

■家事や育児と仕事を両立

 

公認会計士の資格を取得していることで、女性だったとしても独立開業をして会計事務所やコンサルティング会社を運営することが可能です。

 

東京で働きたいと考えていれば、都心の一等地などにもオフィスを構えることも可能ですし、「家事や育児と仕事を両立させていきたい」と思っているのでしたら、実家の近くにオフィスを構えることだって出来ます。

 

このように公認会計士の資格というのは、女性にとりましては人生の選択肢を増やしてくれる価値ある資格のひとつだと言うことがわかります。

 

実際に、公認会計士を目指している人の中には女性というのはどの程度いるのでしょうか。近年の平成24年の公認会計士の試験における合格者を見てみみますと、1,347人中249人が女性だったようです。

 

つまり合格をした人の5人に1人が女性という計算になるワケです。

 

比率として考えますと、まだまだ少ない傾向にありますが、一昔前まではほとんどが男性だったことを考慮しますと、少しずつ女性の公認会計士が増えてきているのは事実です。

 

これから先も女性の受験者や合格者というのは増えていく傾向にあります。