憧れの公認会計士になる為に

公認会計士の代表的な就職先である監査法人

公認会計士における代表的とも言える就職先というのは、監査法人となります。監査法人の主な仕事としましては、企業の経営状況をチェックする監査の業務です。

 

このような監査業務を行っている公認会計士というのは、1日の過ごし方が多少特殊となります。例えば朝9時頃に、公認会計士が出勤する場所というのは、自分の会社に出向くのではなく、取引先企業のオフィスとなります。

 

監査の仕事というのは、企業を訪問して直接聞き取りをしたり調査をしたりする必要が出てきます。このことから、監査の業務を引き受けている期間というのは、取引先の企がご自分の職場になることとなります。

 

企業に出勤をしたら、まず最初に今日の予定を確認します。日によりまして、企業の経理担当者と打ち合わせをすることもありますし、一日中朝から晩まで書類の作成に追われるケースもあります。

 

企業における経営状況が決算書に間違いなく反映されているかどうかを、徹底的に突き詰めて調べていきます。そして昼になると12時頃から1時間ほど小休止します。この休憩時間の過ごし方についても、取引先によりまして変わってきます。

 

繁華街周辺にあるオフィスでしたら外にランチを食べに出掛けることもありますし、社内食堂が設置されているようなオフィスでしたら食堂の定食を食べることもあるでしょう。

 

■終電の時間まで残業をしなければいけないケースも

 

近くに食べに行くことの出来る店が無いオフィスでしたら、お弁当を持参しなければいけないこともあります。全てはその時に担当をしている企業次第となるワケです。

 

その日の仕事が終わるのは、通常でしたら夕方の17時?18時頃となります。ただし、決算期といった忙しい時期というのは膨大な数の書類をチェックする必要がありますので、定時に帰ることはほぼ出来ません。

 

終電の時間まで残業をしなければいけないこともありますし、時には終わらなかった仕事を自宅にまで持ち帰って作業をしなければいけません。

 

数多く働いている公認会計士の中には、監査法人には所属しないで、一般企業やベンチャー企業にて在籍をしている人もいます。この場合の主な業務というのは、企業の経営戦略に関してアドバイスをすることとなるコンサルティング業務や、予算の編成や調整などとなります。

 

このような業務に携わっている人たちの場合におきましては、一般的なサラリーマンの働き方と同様となります。

 

他にも独立して会計事務所を開いている人もおり、その場合には自由に仕事時間を調節することが出来ます。