憧れの公認会計士になる為に

公認会計士の筆記試験

公認会計士の筆記試験というのは、「医師」「弁護士」などといった試験と同様に、合格するのが非常に困難なことで知られています。

 

実際に平成24年に実施された公認会計士の筆記試験を見てみますと、願書提出者が17,894人だったのですが、最終的に残った合格者というのは1,347人だったのです。これを合格率にしますと7.5%なのです。

 

つまり公認会計士の受験をした人の約9割以上が不合格になってしまっているという事実が、この試験がどれだけ困難なものなのかを物語っていると言えるでしょう。

 

このような事実があることから、公認会計士試験を目指している人の多くが、会計の知識を学ぶことの出来る学校を利用することによって、しっかりと受験対策をしているのです。

 

公認会計士の学校にはさまざまな種類が存在しており、民間での専門学校の通学講座、また通信講座で学んだり、大学の経済学部や商学部に通ったり、そして会計大学院で学ぶといったことが挙げられます。

 

専門学校に通うことになれば、公認会計士の受験対策に特化しているカリキュラムが組まれていますので、非常に効率よく勉強をしていくことが出来るという大きなメリットがあります。

 

■独学でも公認会計士に合格出来る

 

また、会計大学院でしたら、予め決められている単位を取得し、それを修了することによって、公認会計士試験の一部の科目を免除することが出来るといったメリットがあります。

 

人によりましては、昼間に大学や大学院に通い、夜になると専門学校に行って勉強するといった、いわゆる「ダブルスクール」にて合格を目指していることもあります。

 

そうなりますと独学で公認会計士の合格することが出来ないのか気になりますが、決してそういうワケではありません。実際のところ一部の人は独学で勉強をすることで公認会計士として活躍をしている人もいます。

 

しかし公認会計士の場合におきましては、独学で合格を目指している人が少ないということもあってか、その他の資格試験と比較をして独学用の市販のテキストの数が多く発売されています。

 

また、公認会計士の試験についてですが、「短答式」と呼ばれるマークシート形式のものと、そして「論文式」と呼ばれる記述形式のものがあります。

 

最初の「短答式」については模範解答があれば自力で添削することが出来ますが、「論文式」の場合には文章を作成しての解答となりますので、添削や修正を自力で行うのが困難になります。