憧れの公認会計士になる為に

公認会計士試験の合格者

公認会計士の試験というのは、非常に難しい内容ということは広く知られています。近年平成24年に実施された公認会計士の筆記試験を確認してみますと、願書提出者は17,894人だったのに対しまして、最終的に合格を手にした人の数は1,347人だったのです。
合格率に換算をしてみますと、わずか7.5%ほどなのです。

 

このよなこともあり、公認会計士試験を目指している人の多くが、会計の知識を学ぶことの出来る学校に通うことによって受験対策をしている傾向にあります。

 

公認会計士を学ぶことの出来る学校にはさまざまな種類が存在しており、民間における専門学校で通学講座や通信講座などで学ぶケース、また大学の経済学部や商学部で学ぶことの出来るケース、他にも会計大学院で学ぶケースなどが挙げられます。

 

これらそれぞれの学校で学ぶことによって、いったいどれくらいの費用が必要になってくるのでしょうか。

 

まず最初は民間が経営をしている専門学校の通学講座で学ぶケースについてです。入学金と授業料、そしてテキスト代を合わせますと、トータルで60万?200万円ほど必要になります。

 

どの企業において運営をしている学校を選ぶか、またどのようなコースを選ぶかによって、値段設定というのは大きく変わってくることになりますし、東京と地方とでも授業料に多少の差が出てきます。

 

■公認会計士の資格取得のために

 

通学の講座の場合におきましても、通信講座の場合も金額というのは殆ど変わらないことが多い傾向にあります。

 

そして次に、大学の経済学部や商学部において学ぶケースについてです。入学金や4年間の授業料を合わせますと、私立大学の場合は430万円ほどであり、国立大学ですと230万円ほどが必要となります。

 

また、会計大学院にて2年間学ぶケースについては、私立ですと300万円ほどで国立ですと146万円ほどになります。

 

その一方で、このような学校に通うことなく、完全に独学で学習をされる人もいますが、その場合には、かかる費用として市販のテキスト代の数千円のみとなっています。

 

そして公認会計士を目指すために必ずかかってくる費用としまして、試験を受ける際の受験手数料が挙げられます。

 

まず最初に、筆記試験を受けるために必要なのが、受験手数料19,500円です。

 

また、筆記試験に合格した人は、実践における経験を2年間以上積んでいき、最後の修了考査を受ける時には、受験手数料として28,000円が必要です。