憧れの公認会計士になる為に

独学だけでは難しい公認会計士

公認会計士の試験というのは、数多くある国家試験の中でも、非常に難関な試験ということで有名です。毎年公認会計士の試験は行われていますが、筆記試験における合格率というのは10%にも届いておらず、何年も受験勉強をすることによって、やっと合格を勝ち取ったという人は決して珍しいことではありません。

 

公認会計士に合格をするための最初の関門となるのが、筆記試験であり、この筆記試験に合格するまでの平均的な勉強時間というのは、3,000時間とも5,000時間とも言われているのです。

 

実際のところ公認会計士を受ける多くの人が独学をするだけでは難しいと考えており、民間の専門学校での受験対策講座を受けたり、また大学や大学院で経済学の勉強をするなどして、1年?4年ほど学習をしてから受験に臨んでいるのです。

 

受験生の中には、昼間に大学や大学院に通って勉強をして、夕方や週末になると民間の専門学校に通うことで受験対策講座を受けるといった、いわゆるダブルスクールで公認会計士を勉強している人もいます。

 

このような人の勉強時間というのは、1日最低10時間はくだらないと言えますので、単純計算をしますと、1年で3650時間といった長い時間を勉強していることになるのです。

 

なんとか無事に公認会計士の筆記試験に合格をすることが出来たとしても、次にはさらなる試練が待っているのです。
最終的な資格を取得するためには最低2年間の現場においての「業務補助経験」を積まなければいけないことから、この期間というのは、監査法人や会計を専門としている企業で働きつつ、現場で公認会計士の勉強をすることになります。

 

■修了考査」と呼ばれている筆記試験

 

そしてそれだけではありません。2年間以上かけての実習の期間を終えることが出来たら、いよいよ最後の試験を受けることになります。これは「修了考査」と呼ばれている筆記試験となります。

 

この筆記試験については2日間にわたって行われることになり、出題範囲も広くなっていることから、きちんと対策をしていくことが求められるのです。

 

人によりましては、この修了考査を受けるために、再び民間の専門学校に通い出し、受験対策講座を受けている人もいるくらいです。

 

公認会計士に合格をするためには、数年にわたって何千時間といった長期間の勉強を続けなければいけません。このことを覚悟した上で資格取得を目指していきましょう。

 

中途半端な気持ちでは公認会計士の資格取得は正直難しいでしょう。