憧れの公認会計士になる為に

公認会計士の資格を大学で学ぶ

公認会計士の試験に合格をするために、学校にて公認会計士の知識を学ぼうと思った時、大きく分けますと2つの学習方法を挙げることが出来ます。

 

まず1つ目としまして、民間の専門学校に通うという方法です。公認会計士の受験対策講座を開いている民間の専門学校というのは全国各地に数多く存在しています。

 

この場合の講習期間というのは、平均的に1?2年となっていますが、長い専門学校では4年制のカリキュラムが組まれていることもあります。

 

通学をして実際に講師の授業を受けることとなるコースと、通信講座を活用して在宅にて学習するコースに分けることができ、受講者のそれぞれのライフスタイルや予算に合わせて選ぶことが出来るようになっています。

 

このような公認会計士の専門学校を選ぶメリットについてですが、公認会計士の受験対策を完全に特化しているカリキュラムを組んでくれていることから、効率よく勉強をすることが出来るということです。

 

その一方で、会計の知識以外のことを身に付ける機会がありませんので、もし万が一にも途中で公認会計士になることを諦めてしまい、方向転換を迫られた場合もあることから、リスクを考えた上で決断をする必要があります。

 

■会計職専門大学院に通う

 

そしてもう1つの方法としましては、会計の知識を学ぶことの出来る大学に通うという方法が挙げられます。大学における経済学部・商学部などがこの分野にあたります。

 

さらに最近人気が高くなってきているのが「会計職専門大学院(会計大学院)」と呼ばれている大学院です。

 

この大学院では、会計におけるプロフェッショナルを養成するための学校として平成16年から開設され始めた教育機関の一つであり、国立・公立・私立を問うことなく、日本全国にさまざまな会計大学院が存在しています。

 

このような会計大学院を活用するメリットというのは、決められた単位を取得し、それを修了することによって、公認会計士試験の一部の科目を免除してもらうことが出来るということです。

 

また、もし万が一にも公認会計士になることを諦めてしまった場合にも、大学院卒業という確実な学歴を得ることが出来ますので、これはもう一つのメリットと言えるでしょう。

 

ただし、会計大学院におきましては、それなりの入学試験が行われるために、入学を希望する場合には、きちんと受験対策をする必要があります。

 

このように公認会計士になるためには、いくつかの手段がありますので、ライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。